読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫の野球論

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ から「のれん分け」阪神タイガース中心にプロ野球、アマ野球、MLBまで愛情持って時に辛口に論評します!



【ロッテ・阪神】人的補償で流出した元阪神 高濱卓也がファーム3冠! FA選手獲得のリスク 

先日のNPBアワーズで、元タイガース、現ロッテの高濱卓也が「首位打者」「最高出塁率」「技能賞」のファーム3冠を受賞した。

2007年ドラフトで横浜高校からドラフト1位で入団した「高濱卓也」走攻守三拍子揃ったポテンシャルの高い大型ショートとして「ポスト鳥谷」を期待された選手でもあった。

しかし、2011年阪神がロッテからFAで獲得した「小林宏」の人的補償選手として、ロッテへ流出。

皮肉なことに、この年からメジャー移籍した「西岡剛」が守っていたショートが手薄になるところに、阪神球団が高濱をプロテクトから外してしまったが故の流出で、当時、球団への非難の声は大きかった。

【スポンサーリンク】



f:id:h-idayu:20150701185619j:plain

鳥谷の動向は未だ不明な点はあるが、球団が「ポスト鳥谷」の
準備をしてこなかったことは、コンバート騒ぎを見ても明白だ。

そんな中、私もイースタンリーグまでしっかりチェックしていなかったのだが、
タイガースで「ポスト鳥谷」の一番手であったはずの、
現ロッテ「高濱卓也」がファーム3冠獲得のニュースを見た。

タイガースに在籍していれば、膝の故障もあり、チームもすぐに
「打撃優先コンバート」に走る「悪癖」があるので、
外野へコンバートされていた可能性は高いが、ロッテでは複数ポジションを守るも、
ショートでの出場が一番多いようだ。


現在、金子千尋の「肘のクリーニング手術」後の状況を見極めてから、
獲得の是非を判断するというタイガースのスタンスだが、
前からこのブログでも書いている様に「人的補償」が発生するAクラスの
選手であるため「プロテクト」には十分留意することと、
若手・中堅の流出リスクと金子千尋の在籍期間を天秤にかけ、
契約するにしても、こちら側に有利に誘導しないといけない旨は、
主張してきた。

高濱の際は「小林宏」の「人的補償」であったことが、
結果論からすると、かなりの痛手になってしまい、2年5億円(推定)の
大型補強は金銭的にもさることながら、高濱の流出という悲劇を招いただけの
結果に終わってしまった。

よくよく考えれば、その年の「西岡」がメジャー移籍したことを受け、
若手ショートを狙ってくることは、想定出来たはずだが、
「プロテクト」から外してしまった球団・編成部の思慮の浅さに
個人的に閉口してしまったことは、強烈な記憶として残っている。

前段でも書いたが、ではタイガースがそのまま在籍した「高濱」を
ショートで起用したか?
果たしてファーム3冠を獲る選手にまで育て上げられたか?
というと、これまた自信を持って明快な回答を持ち合わせないという
タイガースの余りの育成下手の悲しさという現実もある。

タイガース球団も、この失敗を受け「FA選手」の補強よりも
補償が要らない「メジャー帰り」の選手の積極補強にシフト
してきたのでは?と窺える点はある。

【スポンサーリンク】




ドラフトでの指名と入団選手のその後の活躍を見ていると、
タイガーススカウトさん達の「眼力」や指名手順の力は、
特に中尾スカウトを中心にレベルは上がってきているし、
今季外国人が4人全員「タイトルホルダー」になったことを見ても、
依然不安は残るものの「渉外部門」もいい仕事をしたと思う。

しかし、球団編成をトータルで見ると、特に今オフはFA戦線で、
後手後手の動きしか見られず、ポスト鳥谷の準備をしていなかった等々、
まだまだ「常勝タイガース」として上手くチーム編成をしていく力には
疑問符が残る。

今回のロッテ高濱卓也の件は「タラレバ」ではあるが、
球団編成部の拙さを露呈してしまった一件として、敢えて書かずにはいられなかった。

(関連記事)toradayu.hateblo.jp
toradayu.hateblo.jp
toradayu.hateblo.jp

© 2015 [ゐ]ゐ太夫の野球論, ALL RIGHTS RESERVED.
※当ブログの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。