読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫の野球論

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ から「のれん分け」阪神タイガース中心にプロ野球、アマ野球、MLBまで愛情持って時に辛口に論評します!



【阪神】大和はセンターで!福留に続き中西コーチもショートコンバート反対意見! 若手の育成論!タイガース2015戦力・レギュラー・ポジション

かねてから私、ゐ太夫が主張してきた大和選手(前田大和)のショートコンバート案に対し、先日の福留に続き、中西コーチ反対意見を述べている。

福留は同じ外野手として「大和ほどのセンターは12球団探してもいない」と最高の評価をしており、コンビネーションの問題からも指摘。

中西コーチも、福留と同じく大和の守備を高く評価しており、投手コーチとしての視点から甲子園の外野の広さを理由に、失点が増えることを懸念している。

【スポンサーリンク】



f:id:h-idayu:20150701190148j:plain

何度か当「ゐ太夫のぶろぐ」で「大和はセンター」固定で、
ショートコンバートには反対の意見を、色々な角度から
主張してきた。


やはりチーム内でも同意見が出始めており、同郷鹿児島の先輩福留が
ラジオ番組で直接リスナーに向けて言うほどに
「大和」のセンターの守備力は高く、他チームの選手や解説者からも
12球団で1番巧いという高い評価を受けている。

鳥谷のメジャー流出問題が進展を見せないため、
机上の空論になってしまうかもしれないが、
「大和のセンター固定」と共に「ショートは若手有望野手」で
レギュラー出場させながら育成するという手法を取って貰いたい。

これも何度か書いているが

これまでの実績からして「心許ない」のは十分承知したうえで、
敢えてショートは「北條」を固定しながら育成をして貰いたいのだ。

素質の高い選手を二軍で育てて、結果が出て来たら一軍で試すというのが、
通常の流れ(特に阪神では)であるが、2軍慣れしてしまう選手も多い
ことは事実だ。

【スポンサーリンク】




梅野隆太郎は「捕手」という特殊性はあるものの「ルーキーシーズン」で
今季全試合でベンチ入りしていた。

これは1軍レベルの戦い方や投球を受けるためであり、2軍に置いておいても、
余り勉強にならないという判断からのことだった。

もちろん梅野には「打撃」とシーズン捕逸ゼロの記録を打ち立てたほどの
高い捕球能力があったからこそだが、今季の1軍全試合を目の当たりにし、
実際に捕手として出場した経験は、必ず来季に活きてくるはずだ。

鳥谷がそうであったように、ルーキー年からポジションを与え、
打てなくても少々のエラーをしても我慢して起用する。

こういう育成スタンスを、タイガースはもっと取ってもいいと考えている。

もちろん、余りにも酷い内容が続けば「変える」ことも考えなければいけないが、
ベンチは今オフの「補強大失敗」をプラスと考え「若手の1軍での育成」を
積極的に仕掛けて貰いたいのと同時に、北條始めそれに応える選手が
ひとりでも多く出て欲しいという願いもある。

(関連記事)
toradayu.hateblo.jp
toradayu.hateblo.jp
toradayu.hateblo.jp

© 2015 [ゐ]ゐ太夫の野球論, ALL RIGHTS RESERVED.
※当ブログの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。