読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫の野球論

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ から「のれん分け」阪神タイガース中心にプロ野球、アマ野球、MLBまで愛情持って時に辛口に論評します!



【動画】阪神・スーパールーキー高山 右肘の故障 手術で長期離脱の可能性あり!

阪神タイガース プロ野球 動画 野球理論

ここまで、既にルーキーの域を出る技術と風格で、トラのトップバッターとして活躍してきた高山俊。4月16日の中日5回戦でスタメンから外れ、試合後の金本監督は「右肘がロックして外した」との説明。いわゆる「ネズミ」「野球肘」で遊離軟骨が邪魔をしているのであれば、最悪手術で長期離脱の可能性も出て来たとの報道も!

福留は太ももを痛め、ベンチ要員。若手野手が育ってきているものの、その一番の筆頭格で、確実に計算出来る高山が長期離脱となると、チームにとっては相当な痛手となりそうだ。

【スポンサーリンク】

f:id:h-idayu:20160127052010j:plain

高山・福留の貢献度

高山の10試合連続安打が止まり、チームも能見で0-6の完封負けを喫した翌日の試合。スタメン発表は1番鳥谷。ここまで全試合トップバッターを務めてきた高山がスタメン落ち。

覚醒した左腕、岩貞祐太が好投し、7イニングを3-0の完璧な投球で抑えた勝ちパターンの試合を、後続の福原、高橋聡文、マテオでひっくり返され、サヨナラ逆転負け。

不甲斐ないセットアッパー、クローザーに目が行きがちだが、終わってみれば4安打に抑えられた打線にも、大いに問題があった。

劇的勝利の試合が目立つため、余りクローズアップされてこなかったが、タイガース打線は全体的に下降線で、高山、福留のここぞのヒットで救われた試合が増えてきていた矢先の2人の故障。

一番、計算の立つ1番高山と4番福留が万が一、長期離脱となると、チームとして、金本監督の采配としても、相当な痛手になることは間違い無さそうだ。

【スポンサーリンク】

育成の必要のない完成された打撃の高山

ここまで、開幕から18試合を1番レフトで出場してきた高山俊。

軸回転で、ブレない打撃フォームは、既にほぼ完成された感があり、相手バッテリーに警戒されだしても、対応・修正する天性の能力の高さは、1年目から首位打者さえ獲れそうな、育成する必要がない素晴らしく有難い存在の選手だ。

金本監督も「何も触らない」とコメントしていた様に、完成度が高いが、伸びしろもかなりあり、今後長打力等のスイング強化を図れば率を残しながらホームランも増やせる中距離打者の可能性も秘めている。

開幕当初の試合で、ワンバウンドした球を打ってしまうほどのバットコントロールには、筆者ゐ太夫も驚かされた。

ルーキーでありながら、波も少なく、確実にヒットを量産出来る高山。さすがに六大学野球の通算安打記録歴代1位の記録を破っただけのことはある。

ワンバウンドを打ってしまう姿は、将来的には、メジャーで活躍している青木レベルまで到達するのではないか?という期待も持たせてくれる。

まずは「右肘のロック」が大事に至っていないことを祈りたいが、逆に「ネズミ」「野球肘」で剥離し「遊離軟骨」となってしまったいるのであれば、早めに手術の決断をし、早い復帰を祈るしかない。

救いは、若手の特に外野手が伸びてきており、高山の離脱をある程度埋めてくれそうな存在がいることだ。 

(映像)大学日本代表での高山俊

(映像)日大三高時代、甲子園での高山俊

(関連記事)

toradayu.hateblo.jp

toradayu.hateblo.jp

※ゐ太夫の野球論は「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。 ご協力のクリックを頂ければ、幸いです♪


阪神タイガース ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

【速報動画】メディア、ベンチ賞賛!マエケン前田健太OP戦 初登板初先発 2回無失点!

MLB 動画 投手 広島カープ FA・トレード

ドジャースに移籍したマエケンこと前田健太が、現地5日のダイヤモンドバックスとのオープン戦で初登板初先発!

予定の2イニングを投げ、1安打無失点、2奪三振、無四球で降板。ドジャース監督のロバーツ、ハニーカット投手コーチも、前田の投球を絶賛。地元メディアも「期待よりはるかに高い内容のピッチングを魅せた」というロバーツ監督らのコメントを添え「支配的なデビューを飾った」と好投を高く評価しています!

【スポンサーリンク】



メジャー初マウンドで躍動するマエケン

前田健太 メジャーOP戦初登板!

(映像:MLB.com)

前田健太 初登板 客席からの映像

youtu.be

アリゾナ州グレンデールのキャメルバック・ランチでのダイヤモンドバックスとのオープン戦で初登板初先発のマウンドに上がった前田健太。

テンポ良く投げ込み、持ち前の制球力でストライク先行のピッチング。

1回2アウトから、昨季規定打席には足りていないものの打率.311の3番フィリップ・ゴセリンに2塁打を打たれるも、ゴセリンが三盗を狙うも、正捕手ヤズマニ・グランダルが刺し、初回を終了。

(映像)三盗を刺すグランダル

(映像:MLB.com)

続く2回は、パーフェクトに抑え、予定の2イニングをほぼ完璧な内容で終えました。

この日の2度の奪三振は、いずれもスライダーで、早めに追い込み、テンポ良く変化球で三振を奪うスタイルは、カープ時代と変わらぬマエケンの姿。

そして、この日投げた28球の内18球がストライクで、対戦したすべての打者の初球もストライクから入るという、絶妙なコントロールを披露し、観客からも賞賛の声が挙りました。

【スポンサーリンク】

初登板初先発を終えた前田健太のコメント

「全てのボールをコントロールできた。打者の反応が見られ、手応えのある球もあった。しっかりコントロールできて、正直、ボールとマウンドに対する不安はなくなった。収穫の多い登板だった」 「日本と違う球場の雰囲気や応援スタイルで、米国に来て初めて試合で投げたなと感じた」

ちなみにメジャーファンならご存知でしょうが、この日、前田健太の投球を受けたドジャースの正捕手ヤズマニ・グランダルの打撃のルーティンは、あのイチローをまねたもの。

打撃不振に陥った時に、試しにイチローのマネをしてみたら、打てる様になり、続けているとのことです。

話を前田健太に戻すと、元々キャンプインの始動が遅いMLBでは、この時期でもまだまだ投手有利の傾向は否定出来ません。

今後、徐々に打者の調子が上がってきても、変わらず抑えられるでしょうが、果たしてどうか?

そして、契約時に散々騒がれた、かなり低い年俸をベース+インセンティブという、ベテラン投手に対する様な契約条件(精密検査の結果、異常が見つかったためという理由有り)を、呑まされましたが、シーズンに入り、バンバン抑えて、インセンティブでがっぽり稼いで、見返して貰いたいものです!

(関連記事)

toradayu.hateblo.jp

toradayu.hateblo.jp

toradayu.hateblo.jp

※ゐ太夫の野球論は「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。 ご協力のクリックを頂ければ、幸いです♪

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村


野球理論 ブログランキングへ

© 2015 [ゐ]ゐ太夫の野球論, ALL RIGHTS RESERVED.
※当ブログの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。