[ゐ]ゐ太夫の野球論

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ から「のれん分け」阪神タイガース中心にプロ野球、アマ野球、MLBまで愛情持って時に辛口に論評します!



【動画阪神】岩田"球団史上初"「完全試合」ならず!マートンの緩慢守備・打撃不調と起用法 2015タイガース

7回途中までタイガース史上初の「完全試合」ペースの好投を魅せながら、また勝利投手になれなかった岩田。

6連敗中のベイスターズ相手に、ここは接戦に持ち込むことなく勝ちに行く試合だったが、中継ぎ復帰した福原が同点弾を撃ち込まれ、岩田は未だ今季未勝利の投手だ。

そして個人的には何年もずっと気になっていたが、マートンの緩慢、怠慢守備により今季だけでも何点獲られているか?今まで打撃が好調で、その分取り返してくれるため目をつぶってきたが、今の調子のマートンではスタメン起用さえ危ぶまれる。

【スポンサーリンク】

阪神タイガース 2015カレンダー

岩田の投球

今日の先発岩田と梅野のバッテリーの呼吸は抜群に冴えていた。

6連敗中のベイスターズ相手に、昨年から取り入れたテンポの良い投球で、ストレートが速かった訳でもないが、巧くタイミングを外し、ゴロアウトに加え、三振も多い投球であった。

昨年の岩田は横浜スタジアムでは、実に17回を失点1自責点0に抑えた相性の良さがある。

彼の投球テンポとフォームを見ていても、マウンドの土質、傾斜が合うのか、本当に投げやすいんだなというのが伝わってくる内容だった。

これまで打線の援護に恵まれなかった岩田だが、今日は初回に2点先制、4回に1点の中押しが入り、6回終了時点まで「完全試合」ペースの勝ちパターンに持ち込んでいた

しかし7回、先頭の石川に死球を与え「完全試合」は消えた。

続く2番白崎は三振に獲るものの、3番梶谷にレフト前ヒットを打たれ「ノーヒットノーラン」も消えた。

そして4番筒香にライナーでレフト前に運ばれ失点。続くロペスにもセンター前に運ばれ1点差にされ、投手交代となり安藤にマウンドを託した。

  • 【横浜-阪神 4/21 ダイジェスト映像】

マートンの守備と今後の起用

筒香のレフト前ライナーヒットの場面では、今季特に多く目にする「マートンの緩慢な守備」が見られ、打球判断が早く、素早く前に走り込んでいればレフトライナーに出来た当たりをヒットにしてしまった。

元々、マートンのレフトの守備は酷く、緩いレフト前ヒットなら走塁コーチは、2塁ランナーはホームへ「ゴー」のシグナルを出すことは、ここ何年も見られたことだ。

守備位置からのスタートの遅さ、打球に辿り着くまでの遅さ、捕球してから送球までの遅さ、肩の弱さと適当な返球は、一連のプレーの緩慢さは、全くプロの外野手のレベルに達していない。

【スポンサーリンク】

ベンチの采配・編成の動き

マートンの守備については、これまで彼のシュアな打撃があったため、目をつぶってきた面はあるが、開幕からここまで打撃の調子が上がらず、未だにあの様な緩慢、怠慢とも取れるプレーを続けるのであれば、ベンチは打順を下げる云々ではなく、スタメンから外さざるを得ないほどの低レベルな守備で、しかも今季特に酷い。

打撃に関しては、昨季好調であった彼がなぜ?上下動の激しいタイミングの取り方に変えてしまったのかは不明だが、少しずつ上向いている打線の中で、必ず5番で流れが切れてしまう状態になっている。

マートンの酷すぎる守備は「打撃面でのかなり高い貢献」により担保されている部分があったが、それが崩れてしまった今、ベンチはまずはマートンの打順降格、それでも調子が上がらないのであればスタメンから外すことも考えなければならない。

そして5番に福留を繰り上げた場合に、6番を任せられる選手をまずは現有戦力から抜擢するのは、ベンチの仕事だ。

そして、編成部門はもう動いていなければならないのだが国内外で「5番」を打てる外野手探しに早く動くべきだ。

結果、見合う人材がいないのであれば仕方ないが、実績があるからという理由だけで、マートンを信じたいから動かないというのであれば、それはもうプロの球団の編成部ではない。

今季のマートンは外角のストレートの見逃し三振のパターンがかなり多い。

本人もオマリーコーチも監督も復活に必死であろうし、私もこれまでの彼の実績を考えると復活を信じたいし、出来ればスタメンで出ながら調子を上げてもらいたいのはヤマヤマだ。

しかし、これまで積み上げてきた彼の守備面での負の実績というものが、因果応報的に自らを苦しくしている。

今日も岩田の勝ちが消えてしまった様に、チームもなかなかスカッと勝てない。

ここまで大きな連勝も連敗もなく、気付けばこの位置にいる。

横浜、広島と変則的な2連戦が続くので、今日カードの頭を獲って明日勝てばまずカード勝ち越し。

広島2連戦も何とか初戦を獲って連勝と、この辺りで一度波に乗っておきたいところだ。

(関連記事)

toradayu.hateblo.jp toradayu.hateblo.jp toradayu.hateblo.jp

© 2015 [ゐ]ゐ太夫の野球論, ALL RIGHTS RESERVED.
※当ブログの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。