読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫の野球論

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ から「のれん分け」阪神タイガース中心にプロ野球、アマ野球、MLBまで愛情持って時に辛口に論評します!



【阪神】山本翔也はなぜ二軍落ち?謎だらけの和田采配! マートンの守備力…

先日、5回2失点の好投でプロ初先発初勝利でチームの連敗を止めた山本翔也の二軍落ちが決まった。

次回登板予定も決まっていたのに、一瞬、故障か?と山本の運の無さが脳裏をよぎったが、理由は二軍で復活の兆しを見せている岩崎優を一軍に上げ、山本の登板予定日に先発させるためとサンスポが報じている。

岩崎もいい投手で個人的には好きな選手だが、若手を一軍に上げてはすぐに落とす阪神首脳陣の恒例行事にうんざりするとともに、怒りさえ覚える。一体どうしたら若手は一軍に居させて貰えるのか?これでは若手は育たない。今回の登録抹消は特に酷いと言わざると得ない。

【スポンサーリンク】

f:id:h-idayu:20150705030024j:plain

山本翔也抹消 岩崎優登録の謎

7月6日付のセ・リーグ公示で、山本翔也の抹消の発表。

先日、好投したばかりで、中西投手コーチは次回登板を10日からの東京ドーム巨人戦と示唆していた。

先日の山本の登板が「ダメ」という判断の二軍落ちではなく、不調だった岩崎優の調子が上がってきたため、一軍に戻し、秋山とも競わせたい意図があるのだろう。

しかし、直近一軍で好投し好調なのは山本であり、活きの良い内に続けて起用しないと育つものも育たない。

野球は生モノであり、机上の空論で成り立つものではない。

いくら岩崎が調子を上げてきても、二軍でウエスタン全5球団相手に先発し、防御率0.31という驚異的な数字を挙げて先に一軍に上がり好投した山本に対し、次の機会も与えぬまま再び二軍に落とすという采配には、不可解さを抱くばかりだ。

筆者は、前回の記事で、これまでの采配の傾向を危惧し、一度上に上げて一定の結果を出した山本を多少打ち込まれても我慢の起用をすべきと主張したが、それ以前の問題であった。

岩崎も活きのいい内に一軍で投げさせたいというのなら、なぜこれまで岩崎も中途半端な起用をしてきたのか?

そして、山本にはセットアッパーとしての適性もあるだけに、一軍の場数を踏めばベンチにとっても、かなり使い勝手の良い投手になる可能性は高かっただけに、一層不可解さは増すばかりだ。

【スポンサーリンク】


余りにも酷いマートンの守備

一部報道では今季絶不調のマートンの代役として、先日獲得したペレスに次ぐ、外国人外野手の獲得がほぼ決まっていた様だ。

契約寸前まで行ったところで、ぼちぼちマートンが打ち始めたので、交渉はストップしている状態ということだが、まだマートンの調子は戻っていない。

ここのところ、今季初ホームランから2号、3号と続けて打っているが、マートンの打撃の調子を見る目安として、私は左中間とレフト線への強いライナーがどれだけ打てているか?に注目している。

そう見ると、絶不調は脱したマートンだが、ライト前、センター前の安打が圧倒的に多い。

もちろん安打製造機として、チャンスを作る側として難しい球を軽打するのも重要だが、プラスアルファ、マートンに求められるのは、強い打球で走者を返すことだ。

そして何度も触れているマートンの守備の問題だが、今日、7月7日の倉敷での中日戦でも8回、中日の攻撃時、走者を2塁に置いた場面で藤井のレフト前の打球で、前進守備をしていたにも関わらず、2塁走者の生還を許し失点に繋がった。

レフト、マートンなら2塁走者は相当な無理がなければ本塁へ突っ込ませるのは、セ・リーグ全チームが行っていることであり、マートンのレフト守備で1塁走者が3塁まで到達したケースも含めて、今シーズン何度も繰り返されており、マートンの緩慢な守備が失点に絡むケースもかなりある。

マートンの緩慢な守備は、今季に始まった話でなく、これまでも何度も繰り返され、注意したコーチとは口論、チーム内、選手同士の不和も起こしてきた。

ただ、緩慢・怠慢な守備を補う打撃があったためにこれまで起用されてきたが、今季ここまでの打撃では、守備による損失の方がはるかに大きく、投手陣への負担にもなっている。

しかもその守備の緩慢さは、年を追うごとに酷くなってきている。

これまで見てきて、マートンは3割以上打ってやっと守備での損失を補えるレベルと見ている。

マートンの推定年俸は約4億5000万円。とてもじゃないが、年俸に見合った働きはしていない。

しかし新外国人と契約するとなると、4億5000万円もの高年俸の選手を二軍に落とすことになり、マートンがそれを受け入れるはずもなく、おそらく退団帰国するであろう。

球団としては、マートンがいない状態でシーズンを送る、ある種賭けに出ることは相当怖いのだろうが、外国人選手との獲得契約期日の今月末までに、もう一段上の復調が見られなければ決断を下してもいいのではないだろうか。

それほどマートンの守備は問題が多いのだ。

(関連記事)

toradayu.hateblo.jp

toradayu.hateblo.jp

toradayu.hateblo.jp

toradayu.hateblo.jp

※ゐ太夫の野球論は「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。 ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村


阪神タイガース ブログランキングへ

© 2015 [ゐ]ゐ太夫の野球論, ALL RIGHTS RESERVED.
※当ブログの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。