[ゐ]ゐ太夫の野球論

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ から「のれん分け」阪神タイガース中心にプロ野球、アマ野球、MLBまで愛情持って時に辛口に論評します!



【阪神】今成のハイレベルな三塁の守備力を比較分析する

惜しくも故障で二軍落ちしてしまっているが今成選手と阪神の三塁守備の話

今更ながら、今成の三塁手としての守備力は非常にレベルが高い。

阪神戦中継で、再三に渡ってホームの解説者はもちろん、ビジターの中継での解説者も口を揃えて、今成の守備力を誉め称える。その今成の「守備力」を検証したい。

【スポンサーリンク】



f:id:h-idayu:20150424224645j:plain

守備でよく言われるのは、真正面のゴロをどれだけ確実に獲れるか?

特に三塁は、速いゴロ、強くイレギュラーするゴロをアウトにする

能力が必要とされる。

ホットコーナーと言われる所以(ゆえん)だ。

今成はプロ野球選手としては、非常に体が柔らかい。

当初はその柔軟性がバッティングに活かされていて、

バットコントロールが必要とするリストの柔らかさには驚かされた。

今季は、捕手登録ながら三塁を新井良太選手と争うことになり、

当初は相手先発の左右により、使い分けられていた。

新井良太の故障離脱もあったが、その前から左投手でも

先発出場することが多くなり、サードの準レギュラーと

言ってもいい程の活躍を魅せてくれた。

監督の評価は柔らかいバッティングはもちろんだが、

彼の確実な三塁守備を評価していたに違いないと思っている。

前に述べた「真正面の強いゴロ」を確実に捕球し、

尚且つ「捕ってから一塁への送球」が速く確実だ。

新井貴浩選手は、イップスに影響か「捕ってから送球」までが

遅く不確実すぎる。

(捕球してから何歩かステップを踏まないと、送球出来ないタイプ)

新井良太の方がお兄ちゃんよりは、送球は確実性が高いが、

捕球でトンネルすることも少なからず有り、捕球から送球までに

余計な動作が入ってしまう。

故障明けで上がってきた西岡選手も三塁を守る機会があったが、

やはり正面のゴロをポロポロ、まだ横の動きの方に確実性があった。

今挙げた3人と比べて、今成は段違いに上手く、動きに無駄が無い


そして、何度も繰り返しているが、送球動作が速く確実だ。

【スポンサーリンク】




これは、キャッチャー時代の練習で、本塁での捕球動作から

二塁での盗塁を刺す送球練習を延々と練習した成果なのかもしれないが、

キャッチャー出身で全員が全員三塁守備が上手くなる訳ではないので、

キャッチャー時代の経験プラス彼のセンスと柔軟性が、

功を奏したのだろう。

三塁線や三遊間を抜かれると、レフトがマートンということで、

失点に繋がるケースが多いので、サード今成、ショート鳥谷選手の

三遊間は心強い。

ただ来季、西岡が怪我から復帰してきてどこを守るのか?

噂されている中島選手を獲得したら、やはり三塁手としてに

なるだろうから、今成の立場は厳しい。新井兄弟もいる。


万が一、鳥谷がメジャーへということになれば、また話は変わってくるので、三塁は現状、非常に流動的だ。


今成には、元々得意だった打撃をもっと磨いて常時3割オーバーの打者となり、文句なくトラのホットコーナーを守り抜いて貰いたい。

(関連記事)
toradayu.hateblo.jp
toradayu.hateblo.jp
toradayu.hateblo.jp
toradayu.hateblo.jp

© 2015 [ゐ]ゐ太夫の野球論, ALL RIGHTS RESERVED.
※当ブログの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。